現在活躍中社員の声


働く喜びを取り戻して欲しい!

サービス管理責任者 澤 幸恵

サービス管理責任者
働きたいという人の支援がしたくて、ワークフェアに入社しました。
というのも、自分がかつて思うように働けない時期を経験したことがありました。当時は働かないことで、社会から取り残されたような気持ちになり、この先自分はどうなってしまうのだろうかという不安な気持ちを日々抱えていました。

そんなとき「1時間でも2時間でも、働いてみない?」と言ってくださる職場と出合い、職場の方々に暖かく見守れられながら次第に働くことができるようになりました。私自身と同じように働く喜びを誰かが取り戻す、そんなお手伝いができればいいと思いワークフェアに転職・入社しました。

<現在の業務>
現在は就労移行支援のサービス管理責任者として、1つの事業所の福祉サ-ビスの管理を行っています。具体的な業務としては、事業所の利用を考えていらっしゃる方への相談の受付。また利用が始まれば、就労へ向けて訓練の計画。これは働くための能力のアップだけでなく、安全に通勤できる能力や、適切な報告や連絡や相談が行えることなどの能力アップも含まれます。

また1人の障がいのある人を支えるためには、就労の面だけではなく生活のサポートをしてくださる市町の障害福祉課や各相談支援機関との連携も欠かせません。業務に携わっていて重要をだと思う事は、たくさんの相談の中で訴えの裏側になる背景を理解することが必要だということです。例えば就労に向けて訓練をしているときに「やっぱり大変なのでやめたいです」と相談を受けることがあります。よく話を聞いてみると、作業訓練の大変さだけではなく、人間関係の問題や家庭の事情などが関係していることもあるので、その方の気持ちを受け止めながら、問題を整理し、仕事に向けて準備をしていくことができるように、共に考えていくことが大切だと思っています。

<今後のビジョン>
病気や障がいを持った時にまず最初にあるのは、「これからどうしていったらよいのだろう」という漠然とした不安なのではないかと思います。収入の事、生活の事、家族の事、仕事の事・・・数々の問題に対し何を考え、誰に相談をし、自分はどう行動したらよいのかが分かれば、前向きに行動を起こすことができるのではないかと考えています。私はこれまでの自分自身の体験や、サービス管理責任者としての経験、自分の周りにいる障がいのある子供たちのために、支援が必要な人たちに適切な情報提供ができる仕組みを作っていけたらいいなと思っています。障がいや病気があるという事実は変わらないけれど、それによってその人が不幸になる必要はありません。幸せになる選択ができる支援をしていけるように、これからも取り組んで行きます。



あたりまえに仕事が任せてもらえる会社にしたい!

障害者作業支援責任者

障害者作業支援責任者学生時代に縁あって、障がいのある人と関わり一緒に音楽をやる・・・バンドをやる機会がありました。彼らは自分たちの障がいを理解した上で、いつもポジティブで人生を楽しもう!というメッセージを言葉や態度で表してくれていました。実はその時に自分自身が悩んでいた時期ではあったのですが、彼らとの暖かい関わりで何のために生きるのか・・・障がいのある人のために自分は働いていこうと決めました。そんな中ワークフェアを知る機会があり、自分のやりたい事と会社のやりたいことが一致しているということで入社を決めました。

<現在の役割>
現在は、現場責任者の補佐という仕事をしています。仕事の役割として2つ。1つは障害を持った人への作業の支援や指導。直接一緒に作業をしながら、その人のスキルアップのお手伝いをしています。もう1つは取引先とのやり取りや、納期管理。直接出向いて行っての作業の交渉だったりを行っています。

ワークフェアの利用者さんからポジティブな発言が聞こえた日は、思わずガッツポーズです。先日チームで行う作業の中で、「今日はチームで上手に仕事ができた」と仰っていた利用者さんがいらっしゃったのをきいて、その達成感を味わってもらえるような環境づくりをすることができて、よかったなぁと思いました。

<今後のビジョン>
就労支援と言う仕事は、福祉という側面だけでなく、仕事をするという両方の役割があります。つまり取引先、お客様がいらっしゃるのでそのニーズもかなえていかなければなりません。福祉の面でのサポートをしながら、仕事という面でも活躍できる・・・そんな会社にしたくて社会人として、福祉の職員として現在自分のスキルを磨いているところです。