ブログ


アイデンティティ

こんにちは、まさ です。
寒い日が続いておりますが、今日も勤労者の方々は
寒さに負けず通勤をされておりました。

移動というだけでも、人生の時間を消費して行う営みです。
それだけでも考えるものがあります。

なぜ急にそれを考えたくなったのか…というと、

『通勤』から連想して『勤労者の社会での役割』、
そして『その役割は、オンリーワン?消耗品?』
…と、連想ゲームが止まらなかったからです。(笑) (さらに…)


FPSでの性格

(ゲームから学んだこと)

こんにちは、まさ です。
今回もゲームから思索したことを書きたいと思います。

因みに「FPS」というのは、和製英語で言う場合は、
「ファーストパーソン・シューティングゲーム(First Person shooting game)」

…と言いまして、一人称視点でのシューティングゲームという内容になります。
例えば、ライフル銃を持って敵陣地を攻撃する、というものです。
その時、画面ではライフル銃を持った主人公の視点になります。 (さらに…)


勤労の権利

こんにちは、まさ です。
今回は、権利のことで思ったことを書きたいと思います。

日本国憲法には「勤労の義務」について書かれていますが、
同時に、「勤労の権利」についても書かれています。

 

第二十七条
すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。
賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
児童は、これを酷使してはならない。

 

そうなんです、障害者にも勤労の権利があるのです。 (さらに…)


私には難しい、差別・偏見の話し

こんにちは、まさ です。
最近、精神科の当事者との交流を通じて、
難しいテーマを思索しています。

…いや、むしろ混乱しています。(笑)
テーマは、差別や偏見についてです。

どういう点が難しいのかというと、
「多様な考えを認める社会とは何か?」
という問いに、直面するからです。 (さらに…)


得意不得意、長所短所

こんにちは、まさ です。
このところ内省する日々が続きます。
齢30になって思うところもあります。

その“思うところ”の一つは、
「人には必ず長所があるのではなかろうか…?」
という考えが少しずつ腑に落ち始めたことです。 (さらに…)


研究者、その道は険し

こんにちは、まさ です。

最近、原稿が速く書けるようになり、
そして、少し長めのものが多くなりました。
原稿一本あたり、800字くらいです。

知人に言わせてみれば、
「仕事のたびに、小論文を書いているかのようだね。」
と、言われました。

小論文ではないですが、確かにエッセイではありますね…。

ライフ(B型)のある職員さんからは、口頭で次のコメントをいただきました。
「思うのはね、まささんは郷土史家とか、何か研究者に向いている気がするんだ。」

今回は、そんな研究者についてのお話です。 (さらに…)