この一年の目標を…


こんにちは、まさ です。
春になり、出来れば入院せずに済む一年でありますように…と願っています。

再発して入院してしまうと、その分かそれ以上に、
医療コストや社会的コストが掛かってしまいます。

また、再発を繰り返すことで患者の生活の質はそのたびに低下していく…
とも言われています。

発症前は私も自転車に乗って移動していましたが、
発症後は注意力のなさを痛感して
自転車には全く乗っていません。

戦闘機のゲームや野球のゲームで
テレビ画面を正面だけ見ればよいのとは違い、
自転車も、免許合宿で挫折した自動車も
周囲の安全に気を配らなければなりません…。

勿論、徒歩も周囲の安全に気を配らなければなりませんが、
スピード感が体感的にも違いますから、まだどうにか…ではあります。

そんな中で、「ではこの一年をどうするか…」というのを考えていきたいと思います。

この一年で、というよりは生涯をかけて取り組むべきは、
「再発の予防」だと考えています。

再発を繰り返すことで生活の質は低下しますので、
予防策を考えることは非常に大切です。

では、予防策の為には何が必要なのか…というと、
ここで考えられることは、生物的に・社会的に・心理的に余裕を持たせること
…つまり、余裕ができるように自分自身を高めていくことだと思います。

 

(生物的に)
・暖かくなったので、特に春~秋は、努めて散歩やウォーキングに出て
日の光を浴びつつ足腰を強くする。体力をつける。

・からだを動かし足りないときは、ラジオ体操をしたり、
精神デイケアでやっているダンベル体操をする。

・米や肉、魚も勿論ながら、特に野菜も多く食べて栄養バランスを考える。

・体感的に最も目覚めがよい睡眠時間(10時間~12時間)を確保する。

 

(社会的に)
・今後もPeer活動を続けて、就職訓練のつもりで取り組んだり、
精神疾患への学びの機会とする。

・精神疾患の書籍を読んで自分自身の病気(うつ病→統合失調症)の傾向と対策を知る。

・努めて作業所や精神デイケア、家族会、放送大学(セミナーや面接授業)等に参加して、
人生の先輩方に多くお会いし、その方々の人生経験を学ぶ。

・就職活動については、焦り過ぎて自滅することがないよう、人生の長いスパンで考える。
また、“調子の良いときだけ活動”とはならないように、体調の安定を優先する。

(注:主治医からは「症状は自制内だが、一般就労・短時間勤務はまだ早い」とのこと。)

 

(心理的に)
・社会的な状況が引き金となることがあるが、「今の状況はつらいな…」
と思うことがあったら、暖かい食べ物を食べてゆっくりする。

・「恒産なくして恒心なし」とも言われるが、努めて恒心であるようにありたい。

・物足りなさを覚えると活動的になるアクセルが強く働いて、
そしてオーバーワークとなり体調を崩すことも時としてあるので、
“ほどほど”の感覚を覚える。

・完璧主義の傾向があるので、それをいい意味で活かせるように心構えを学びたい。
例えば完璧というもの拘泥せずに最高のパフォーマンスが発揮できるように、
“無念無想”であるとか、アスリートや武人、職人、プロの考え方に触れたい。

 

これらのうち取り組んでいる最中のものも多数あるので、
「継続は力なり」だと考えて続けていきたいと考えています。

言語化すると目標が定かになることがありますが、
今、それを実感しました。(笑)

みなさんも、よりよい一年になりますように…!

弥栄!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)