職員さんへのインタビュー(3) 中山社長にお伺いして


こんにちは、まさ です。
私がシフト(移行)にいた頃に
よく話かけて下さった中山社長に
このたびはインタビューをしてみました。

インタビューは10分間の予定でしたが、
お互いに話が盛り上がってしまい30分間も…。(笑)

では、それほどまでにアツくなる、
WF設立への想いとは何だったのでしょうか?

…というテーマが、今回の記事です。

少し重いテーマになるかもしれません。
なぜなら、社長の想いの一つが、

『自分の生きたい人生をどうやって幸せに生きるのか』

という問いだからです。

社長の周りには、特にメンタルで悩む方が多かったそうで、

「どうしたらよくなるのか、助けになるのか」
「助けたい、ほっとけない」

と、思われたことが会社設立のキッカケの一つ…。

人生の一手段としての就労…しかし、人生の中で
ある程度の時間を過ごすことも事実であるとした上で、

「簡単には手に入らないけど、幸福な自分の人生を手に入れる手段」として、
就労を目指して欲しいというのが社長の想いの一つです。

“障害者”を助けようと思って始めた事業というよりは、
「目の前で困っている人を助けたい」という想いからです。

『いろいろな阻害要因のある中で、生きていく幸せをつかんで欲しい』

社長の想いは、そういうところが原点かもしれません。

(そういう話を30分間しておりました。)

いつもの「弥栄!」の代わりに、社長のメッセージで
書き終えたいと思います。

「人生の喜び、楽しみ、幸せを追求する過程で
助けを求められている場合は、WFや社会の支えに
一声かけて下さい。」

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)