帰宅難民始末記


こんにちは、まさ です。

この原稿を書いている日は、2018年の3月9日金曜日です。
出勤して、今朝は防災訓練をしました。(三島市のシェイクアウト訓練)

そうです、あの日です。もうじき、3・11です。
その日を少し、回想してみようと思います…。

当時、私は東京のベンチャー企業で職場実習中でした。

私は2010年に大学を卒業したけれども無職でしたので、
就職活動の一環で中小企業庁の事業でのインターンをしていました。

その日の朝も普段と変わらない日常でした。
電車で山手線・恵比寿駅まで行き、そして駅に近い職場へと出勤しました。

昼食も普段通りに済ませ…
そして、2011年3月11日金曜日14時46分頃、地震が発生しました。

最初に揺れ始めたとき、周囲は「???」という状態でしたが、
私は咄嗟に机の下に隠れました。
たぶん、高校生までの静岡県の防災訓練が活きたのでしょう。

後日同僚からは、「あのときのまささんの動きは早かった。」と言われました。
さて、揺れがおさまりましたが、社長をはじめ同僚は何をすればよいのか分からない状況でした。

私もよく分かりませんでしたが、同僚から聞くところによると、
「向かいのビルが揺れに揺れていた…」とのことです。

私の体感では、震度3以上には感じました。
(震度3は多くの方が揺れを感じる程度らしい。戸棚がうるさくなる、とか…)

はじめの揺れから大きな揺れまでは時間を感じたので、震源は遠いかもしれない…。

 

社長「まささん、みんなビルの外に出ているけど、どうしたらいいかな…?」

まさ「とりあえず、ビルが倒壊しても困るから外に出ますか…。」
「余震でガラスが割れるかもしれないので、気をつけましょう。」

 

こうして非常口から脱出し、しばらく様子を伺いました。
余震があった記憶ですが、被害が出なかったので、
そのままオフィスに戻って仕事をしました。

同僚が外を見ると、オフィスワーカーが大勢歩いて移動しています。

 

同僚「まささん、俺たちも帰った方がいいかな…?」

まさ「この様子だと駅は混んでいるでしょうから、たぶん帰れないでしょうね。」

社長「今日は私が車で送るから、送って欲しい人は言って!」

まさ「(静岡県までは帰れそうにないな…)私は利用したことのあるネットカフェに泊ります。」

 

さて、17:00ごろまで仕事をした記憶ですが、
それでからは新宿のネットカフェまで歩いていきました。

どの道も人という人ばかりで、慣れた道もなかなか移動できません。
新宿のネットカフェに着いても、満室で利用できませんでした。

(それじゃあ、マイナーな個室ビデオ店にするか…)

と思って歩いていると、新宿高校の門の前で教職員が立っています。
話しを伺うと、避難場所として開放しているそうです。

(これはありがたい…!)

歩き疲れと寒さで、とりあえず座るところが欲しかったのです。
校舎内では、新宿高校の校長先生?が電車の復旧状況について放送されていました。

 

東海道線も復旧し、夜が明けました。

(たぶん、東京駅からでないと乗れそうにないな…)

どのように東京駅に移動したかはよく覚えていませんが、
たしか、地下鉄を利用したような記憶です。

東京駅でも電車は超混雑していました。すし詰め…でした。
品川駅でもホームには大勢いましたが、その方々はほとんど乗れませんでした。

なかなか出発しないので車内のマイク?のボタンを押して文句を言う方がいましたが、
車掌の説明ではそのボタンを押すと、アクセルに入れても電車が停止してしまう…とのことでした。

 

どうにかこうにか静岡県に帰ってきて、同居の祖母に言われたのは、

「どうせなら二度と帰ってこなくてもいいのに~ 汗」

以上、帰宅難民始末記でした。<(_ _)>

 

被災地の復興を祈っています。

がんばろう、日本

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)